Lideoがオススメの青空文庫を紹介冊子で紹介、書店員の紹介文と内容表示が見やすい

Lideoが販促用に無料作品ガイドを配布しています。Lideoと同サイズの小冊子で、オススメの青空文庫を紹介しています。

アマゾンリンク

三省堂書店の店頭に置いてました。Lideoと同じサイズで、デザインまで似せるという凝りよう。
オススメ青空文庫が紹介されているLideoの無料作品ガイドブック

まずはLideoの操作説明。こうして見ると、Lideoってホント簡単ですよね。しかも、この冊子に書いてある電子書籍コードでの購入ならカラオケのリモコン感覚で作品選びもカンタンに出来ちゃいます。
オススメ青空文庫が紹介されているLideoの無料作品ガイドブック

全国のLideo販売店の書店員さん達が、オススメの青空文庫の作品を紹介してくれてるのです。全部で30作品。Lideoなら、会社帰りにこれを見て気になった作品を、すぐにダウンロード出来ます。通信費も無料なので安心です。
オススメ青空文庫が紹介されているLideoの無料作品ガイドブック

「オススメ 青空文庫」などでGoogle検索しますと、結構まとめサイトって出てくるんですよね。でも、だいたいレコメンされてる作品とか決まってる感じなんです。でも、この小冊子では、ほんとの書店員さんがちゃんとコメントまで付けてくれて、かつ、作品の数行が掲載されていますので、ほんと選びやすい。とりあえず、これを見て速攻で10冊ほどダウンロードしちゃいました。
オススメ青空文庫が紹介されているLideoの無料作品ガイドブック

Lideoユーザーなら、ここに書いてある001-30009189っていう番号を、カラオケボックスみたいに、Lideoに入力すれば、すぐに(無料ですが)購入手続きが可能。

実際にやってみると、本当に楽で泣けてきます。変換がない入力ってこんな簡単だったんだあって感じ。

原作の文体や読みやすさも一覧できて、かつ、丁寧なレコメンがホント読みたくなるんですよねえ。こういう紹介って、今までありそうで無かったと思います。

さて、オススメしている青空文庫を少し紹介しますと、こんな感じ。他にも、読みたくなる紹介がたっぷりです。

>>「毒舌とあだ名」はこの小説から 「坊っちゃん」
>>見事などんでん返しにカンパイ! 「探偵小説アルセーヌ・ルパン」
>>小学校で読んだ名作をもう一度 「手袋を買いに」
>>短い文章の中に光る人生訓! 「料理の第一歩」
>>中学の時に読んだ次郎の成長物語。 「次郎物語」

以前、Lideoユーザー向けに配布された電子書籍コードブックと並べるとこんな感じ。いい感じです。
電子書籍コード

厚さはこんな感じ。なんか書店でも、レコード店でDVDとブルーレイが売られてるみたいに、紙の本と電子書籍コードが書かれたこういったケースが併売とかされててもいいのになぁって思っちゃいました。リアルKindleのあの価格併記みたいな。
電子書籍コード

Lideoの本棚に、青空文庫って棚を作って、通勤途中に楽しく読んでます。読み返すとまた違った感動があるんですよね。

みなさんもお近くの三省堂書店に足を運んでみては。