Kindle PaperWhite(2012)の画面リフレッシュをハイスピード撮影してみた

Kindle PaperWhite(2012)の画面リフレッシュです。コミックの白黒反転に工夫が。

アマゾンリンク

電子ペーパー画面リフレッシュの比較第2弾はKindle PaperWhite(2012)です。現行バージョンでもとくにコミックがスムーズに見えるよう処理されているのが印象的でした。

これは、新しくなったというKindle PaperWhite(ニューモデル)のE Ink画面にも期待しちゃいますね。

文字編

まず、次頁の反転画面が表示されつつ、現在ページがフェードアウト。現在ページは文字の内側から消えていきます。そして、全体が白黒正常に。非常に滑らかです。

文字はクロスフェードで次項、現在ページが入れ替わりますが、現在ページの文字の内側の消失がとても早いので、スムーズに見えます。

漫画編

まず、次項の白黒反転状態が上書き、かつ現在ページがフェードアウト、そして仕上げ。現在ページがフェードアウトしていきます。白黒反転画像も全部がポジネガではなく、背景で透過部分は反転させない処理をしているようで、フラッシュバックするような違和感が無く、とてもスムーズです。