子供向け文庫レーベルの電子書籍、2013年9月の配信状況

岩崎書店、金の星社、童心社、理論社が協力出版講談社の青い鳥文庫など、子供向け文庫レーベルの配本状況を調べてみましたがほぼ壊滅でした。

アマゾンリンク

子供向け文庫レーベルとは

講談社の青い鳥文庫など、人気レーベルが4つほどあり、それぞれ人気シリーズを持っています。

・青い鳥文庫 講談社
・角川つばさ文庫
・ポプラポケット文庫
・集英社みらい文庫
・フォア文庫(岩崎書店、金の星社、童心社、理論社の協力出版)

20巻以上も出ている人気シリーズ、熱血花の湯温泉ストーリー「若おかみは小学生!」は青い鳥文庫です。リアル書店や古本店、図書館などでもすぐに見つけることができる、読書好きの子どもたちにはお馴染みのレーベルです。

子供向け文庫レーベルの配本状況

配本状況

前述のレーベルの配本状況です。電子化に積極的な講談社こそ、数冊ほど散見されますが、2013年9月28日1時07分時点で、あとは全滅です。

なお、人気シリーズ「都会のトム&ソーヤ」などを出版しています、講談社の児童文学レーベル「YA! ENTERTAINMENT」は、相当数の配信がどのストアでもあります。

>>YA! ENTERTAINMENTの検索結果 – 電子書籍ストア BookLive!

なぜ子供向け文庫レーベルは電子化されないのか

おそらく、電子化のスキームが整っていなかったり、古い時代の発行で著者と連絡が取れなかったり、市場が小さく電子化の予算がつかなかったりと、出版側の問題という気がします。

レーベルのホームページを見ても、かなり古いデザインのサイトも少なくなく、予算がそうとう限られていることを伺わせます。

kobo kobo mini(ブラック) N705-KJP-B
楽天kobo mini

スマホよりは目にやさしく、また、目的も読書と限定的ですので、あればそれなりに反応はあると思うのですが‥。まさに、kobo mini などは、子供向けに調度良い大きさだと思います。

子供向け作家を目指している方は、Kobo Writing Life で出版してみてはいかがでしょうか。

Kobo Writing Life で出版する方法(登録編)
Kobo Writing Life で電子出版する方法(作品アップ編)