今、電子書籍ストアに欠けているのはトイレに行きたくなる機能、しかし実装は可能!

電子書籍ストアがリアル書店と対抗していくためには、不可欠な機能、それは‥。

アマゾンリンク

本屋に行くとトイレに行きたくなりませんか?

青木まりこ現象というのだそうです。

>>青木まりこ現象 – Wikipedia

Yahoo!知恵袋でも、定期的に上がるほどの人気のトピックで、検索しますと多数ヒットします。

たしかに、本屋さんに行くとなぜかトイレに行きたくなりますよね。本当に不思議。

しかし、リアル店舗と比較して、電子書籍ストアにはそれが無い!

上記wikiでは2万5千文字以上もあるトピックですので、多くの人が経験している証拠。これは実装しなくてはなりません。

ストア側ですぐに出来ること

ストア利用時に青木まりこ現象を体験するには

ヤフー知恵袋やwikiによりますと、長時間立ったり歩いたり、幸福を感じたり、プレッシャーを感じたりすると、催すのではないかと言われているそうです。

ですから、ストアにアクセスしたとき、上図のようなアラートを出して、よりリアルな書店体験を提案すると良いでしょう。

スマホで香りを表現できるデバイス

【スマホで香りを楽しむ新感覚デバイス】Scentee(センティー) (白)
【スマホで香りを楽しむ新感覚デバイス】Scentee(センティー)

また、スマホから匂いを出すデバイスがすでにあるそうです。

カートリッジを変えることにより、ラベンダー、ココナッツ、コーヒー、カレー等、さまざまなフレグランスを感じることが出来るそうです。

さすがに、インクや新しい紙の匂いのカートリッジは無いですが、開発は容易なのではないでしょうか。とくに、印刷会社を母体に持つBookLive!やhontoなら、実現可能なはず。

ストアの皆さん、ぜひ本気で実装考えてみて下さい、今ならきっと世界初ですよ!