キンドル ペーパーホワイト の美しさが分かる動画

Amazonの発表がされてからTwitterでは、Kindleの話題で盛り上がりました。その中に「ライトって必要あるの?」といったツイートがありました。たしかに、私もこの動画を見る前まではそう思ってましたが、そうではありません。よりコントラストを高め、美しさを際立たせるものだと知りました。

アマゾンリンク

<キンドル動画>

以前のKindel と比較をしています。「白」の違いが歴然です。

<キンドル比較画像>

従来型のものと、表示しているものこそ違いますが、その明るさの違いは歴然です。そして、キンドル ペーパーホワイトは以前のモデルよりも高解像度になりましたので、その美しさは際立つことでしょう。

<キンドル画像>

さらに、Kindle PaperWhite の設定でフロントライトの明るさを下げると、もう別の端末です。

<キンドル画像>

このスライダーを下げる操作も実にスムーズ。従来のKindle は赤外線によるタッチ感知でしたが、Kindle PaperWhite は静電式です。スマートフォンなどと同じ仕組です。さすがに、表示が液晶ではありませんので、電子ペーパーなりのもたつきはありますが、それでも以前のものよりは、確実に高レスポンスと言えるでしょう。

キンドル ペーパーホワイト がいつ日本に来るのかは未定です。

ただ、先日発表された電子ブック端末 kobo Glo も、フロントライト付きなのことからも、これからのフロントライト付きの電子ペーパーが、主流になるのかもしれません。