Lideoとガラケーの意外な共通点、あかさたな検索は便利

Lideoは国産の電子ペーパー端末です。本棚整理もいかにもガラケーのアドレス帳のように便利です。

アマゾンリンク

本棚整理いらず、まるでガラケーのアドレス帳みたい

Lideoには本棚の機能ももちろん有ります。しかし、本棚はまめに整理していればいいですが、増えてきますと、タップが面倒になったり、どの本棚に入れたか忘れてしまうことも。

国産の電子ペーパー端末であるリディオの提案は、ガラケーのアドレス帳のように50音からワンタップで探せるようにすること。まさに、あかさたな検索です。

Lideoのあかさたな検索

通常の検索(右上)ももちろんあります。あかさたな検索は本棚トップにあります。
あかさたな検索

タップすると、まるでガラケーのアドレス帳のようにあかさたな・・・と。これをタップするだけ。
Lideoのあかさたな検索

た行に1つしか無かったので、すぐに見つかりました。とても楽です。
Lideoのあかさたな検索は凄い

もちろんある程度冊数超えたら、本棚分けと併用してもいいですよね。

Lideoの新型や、アップデートで、ぜひもう、ガラケーみたいに、デフォルト画面に「あ」~「わ」までボタンを並べて欲しいですね。そうすれば、ワンタップ。超楽チン。

他の電子ペーパー端末も実装して欲しい

アップデートでおそらく実装可能かと思いますので、ぜひこういった使い勝手の向上は追撃してほしいですね。

Kindle PaperWhite(2012)

Kindle PaperWhiteの本棚検索

ソートと検索。

ソニーリーダーPRS-T2

PRS-T2の本棚検索

やはりソートと検索。

kobo Touch

kobo Touchの本棚検索

koboも同様にソートと検索。

フォルダは、少なくとも10個程度作れれば十分かと思うんですよね。あとはそれがトップ画面に表示されて、その後、「あ」~「わ」まで画面遷移せずにタブとかで表示されると、さくさく操作できて便利。BookLive!には次回のLideoのアップデートに期待したいですね。

ところで、こういった操作性って、日本のガラケーは得意でしたが、それを思い出しちゃいました。

あまり使ってなかったLideoユーザーはぜひ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする