Lideo書店を楽しんじゃおう、電子ペーパー端末の専用ストア比較

電子書籍リーダーの専用ストアは実はかなり使い勝手が違いますので、比較してみました。

アマゾンリンク

Lideo書店にみる電子書籍リーダーの専用ストア

Lideo書店で和もう

Lideo書店には、通常のカテゴリーや検索など以外に、日々更新されるコンテンツがあります。

新着、特集、キャンペーン、ランキング(カテゴリーで売り上げ順というのは勿論)といった、ブラウザ版のストアのように、日々見たくなるストアになっています。

ランキングはサブカテゴリーまで、日・週・月までカバーしてます。

更新頻度ですが、以下のようになっています。

・新着情報 毎週火曜日、金曜日
・新聞掲載本 毎週月曜日に主要4紙の1週間分
・特集、キャンペーン 随時(だいたい週2~3回)
・ランキング 毎日

特集やキャンペーンも金曜に集中することが多いですが、多いときは5~6件ものセール情報が更新されることもあります。

通信はWi-FiとWiMAX。なお、WiMAXは無料で使えます(漫画ダウンロードも可)ので、通勤などでもチェックが可能。

その他の専用ストア

Lideo書店以外の、電子書籍リーダー専用のストアも調べてみましたので、比較します。

ReaderStore

PRS-T2でのReaderStore

アプリのようなデザインですが、キャンペーン等一部のページは突然ベタ打ちのようなレイアウトが出ます。

ランキングは、日・週までですが、カテゴリー対応してます。

スタッフのオススメが特集のような扱いですが、1件のみ表示され記事内の書籍がスクロールするデザインです。キャンペーンも同様に1件のみ。

通信はWi-Fiのみ。
※PRS-G1で3G通信が可能ですが2013年8月31日で新規申し込みが終了。

koboイーブックストア

kobo Touchで、koboイーブックストア

ランキング(カテゴリーで売れ筋)はありませんが、キャンペーンと特集が一緒になった特集があります。なお、特集はアナログなコメントというよりは、対象を検索している構成。

通信はWi-Fiのみ。

Kindle PaperWhite

Kindle PaperWhiteでのKindleストア

セール情報が、日替わり、セレクト25、月替わりセールとがあります。ランキングはカテゴリーのみ対応。

通信はWi-Fiのみ。Kindle PaperWhite(2012) 3Gのみ3G通信対応(大容量ダウンロード非対応)。

電子ペーパー端末の価格を比較

BookLive!リーダーLideo 8480円
ソニー 電子書籍リーダーPRS-T3S 9980円
kobo glo 7980円
Kindle Paperwhite 3G (2012年モデル) 9980円

気がつくと、Lideoが、ダウンロード制限も無しの通信料込み端末で最安に、しかもWi-Fiのみのkobo glo とほぼ近い値段に。

また、好みは分かれるかもしれませんが、国内勢のストアのほうが、書店として運営してる感がある印象です。

Lideoにはこのままどんどんストアを使いやすくしていって欲しいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする