何と!電子書籍リーダーを能年玲奈さんが紹介だと!しかも、当時の記事が無料で見られるだと!

何と今をときめく能年玲奈さんが、電子書籍リーダーの紹介記事に出てたというから驚き。

アマゾンリンク

「読書少女」Vol12に能年さんが登場

今をときめく能年玲奈さんですが、昔はこういった記事にも登場していました。

「サンプル」をクリックして下さい。登録せずに無料かつブラウザで、当時の能年玲奈さんが記事が読めます。

>>デジモノステーション(フル) 2012年5月号 – 電子書店パピレス

この号で「読書少女」という連載があり、そこに登場しています。他にもあまちゃんで共演の有村架純さんや、アイドルユニット℃-uteの矢島舞美さんなど、豪華メンバーです。

さてその記事中、能年さんの写真が見開きで掲載されているのですが(上記リンク2ページ目)、そこで彼女が手にしている電子書籍リーダー。それが、東芝製BookPlace DB50です。

これ、能年さんのファンなら欲しくなっちゃいますね。今でもAmazonなどで購入が可能です(スペックはさすがにもう古いですが)。

東芝 電子ブックリーダー BookPlace PDB5025ENAW
東芝 電子ブックリーダー BookPlace PDB5025ENAW

能年さんオススメの書籍

さて、記事中では書籍を紹介しているのですが、それは次の三冊。

「氷の海のガレオン」木地雅映子
「凍りのくじら」辻村深月
「特別料理」スタンリイ・エリン

以前は活字が苦手で。中学校で「朝読書」の時間があって、強制的に読まされるのが嫌だったんです。でも、高校に入って「氷の海のガレオン」を読んだら、言葉がすっと自分の中に入ってくるというか、内容に共感できたんです。それで「自分にも本が読めるんだ」ってわかって(笑)。それから読書が好きになりました。

電子書籍化に限定してはいないようですが、辻村深月さん「凍りのくじら」は各ストアで販売されています。

主人公が女子高生ということで、能年さんも当時きっと共感されたのでしょう。

ファンならば必読。能年さんのファンでない方は、まずはBookLive!などで立ち読みしてからどうぞ。

凍りのくじら (講談社文庫)/辻村深月

凍りのくじら (講談社文庫)/辻村深月

事前のポイント購入で最安になることも多いBookLive!がオススメですよ!