Chromeを使って青空文庫を音声読み上げをさせる(動画有り)

グーグルクロームというブラウザでは、テキストの音声読み上げが簡単にできますのでご紹介します。

アマゾンリンク

青空文庫で「坊っちゃん」を音声読み上げ

Chromeで青空文庫を音声読み上げさせた

まずはこちらの動画をご覧ください。「坊っちゃん」をしっかり読んでくれてますね。しかも、かなり滑らか。ちょっとしたカーナビの音声レベルですよね。

iSpeechというプログラムがあり、これをChromeに組み込めば、かんたんに音声読み上げをしてくれます。

音声読み上げAPIを使う

クロームの拡張機能iSpeech

Chromeウェブストアから、iSpeechで検索して拡張機能のほうをダウンロードして下さい。たったこれだけです。

>>Chrome ウェブストア – Select and Speak

インストール後は、Chromeに表示されますアイコンをクリックしますと、上図のような設定画面が表示されますので、性別やスピードを調整します。

青空文庫のルビを消すブックマークレット

さて、青空文庫です。

そのままですと、ルビ(ふりがな)まで読んでしまいますので、ルビを除去します。

>>本の虫: rubyを消すブックマークレット

こちらのサイトで、ルビ除去のブックマークレットを配布してくれてます。

掲載されている「hide ruby」をいうリンクを、ブラウザのブックマークの場所(表示されていなければ、[CTRL]+[SHIFT]+[B]で、URL欄の下に表示されます)にドラッグ&ドロップすれば準備OK。

あとは、振り仮名を消したいWebページで、そのブックマークレットをクリックすれば、サクッとルビが消えます。便利ですね。

音声読み上げ、楽しいね!

Windows8のタブレットPCなどで使うと、ちょっと未来の電子書籍っぽくて面白いかも。

ただちなみに、さすがに無料だけあって、あまり長い文章には対応していません。それでも凄いですけどね。
でもさすがに長いと怒られます。

なお、官能小説などの微妙な吐息や「間」を含んだセリフは、やはり苦手です。超早く読んでくれますw。

それでも、未来を感じさせる技術にはほんとワクワクしますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする