リンクシェアで商品番号(SKU)から簡単にBookLive!の電子書籍を調べるChrome拡張機能

リンクシェアで、BookLive!のアフィリエイトをしている人向けに作りました。アフィリエイトにご興味がある人もぜひ!

アマゾンリンク

商品リンクだと商品名がわからない

多くのアフィリエイトサイトでそうだと思いますが、クリックされた商品と、実際に買われた商品が違うことがあります。

これは、クリックが送客にも貢献してくれたから、という考え方からそう扱われるわけです。一方で、以下のように、実際に何を買ったのかまで集計に反映されず、ニーズを把握することが出来ません。
リンクシェアのアフィリエイト構造

実際には何を買ってもらえたのか、正確に把握するためには、「商品別レポート」というメニューからしかわかりません。

しかし、これはSKUといって商品管理番号で示されるので、これまた直感的にはわかりにくい。

ということで作りました。

BookLive!ブックIDサーチの実装

以下の、拡張機能をダウンロードして、解凍し適当なフォルダに入れてください。

>>機能拡張「LS2BookLive!」

そして、Chromeの右上「三」本線のメニュー>ツール>拡張機能、を選びます。

「拡張機能を読み込む」をクリックします。
chromeの拡張機能に読み込む

解凍したフォルダを選択します。
フォルダを選択すればOK

これで準備はOKです。このプログラムをアップデートする際には、ファイルを上書きしリロードします。
更新の際はリロードを押せばOK

「LS2BookLive!」を使って商品ページにアクセスする

使い方は簡単です。リンクシェアの商品別レポートで気になる商品のSKU番号を選択します。

このとき、左から3番目、右から4番目までを選びます。左の数字3つは単なる接頭語(000ではなく200からはじまると雑誌など)、末尾3桁は巻数(1巻なら001)となるので、タイトル名を調べたいので、その間の数字6桁をドラッグします。

そして、右クリックし「BookLive!サーチ」すればOKです。
ブックライブのSKU構造

実際にご購入いただいた商品ページが表示されます。
谷桃子さんの写真集

Chrome拡張機能作りは楽しい

ダウンロードしたプログラムは、テキストエディタ等で開いてプログラムを見ることが出来ます。

Chromeの拡張機能はこのように、自分好みにいろいろと作れるため、自分好みの補助機能を自作していけば、アフィリエイト作業を効率的にしてくれます。フォルダ内のbackground.jsに書かれているBookLive!へのリンクを、他の電子書籍ストアなどに置き換えるなど、応用してみて下さい。

>>#04 拡張機能を読み込んでみよう | Google Chrome拡張機能入門 – プログラミングならドットインストール

ご興味わいた方は、上記サイトからChromeの拡張機能の作り方が学べます。おすすめです。

BookLive!の電子書籍をオススメしよう

ちなみに、BookLive!のアフィリエイトは料率10%でオススメですよ。

楽天 1%
Amazon 3.5%~8%(自己買い不可)
BookLive! 10%(自己買いOK)

 
BookLive!は、他と比べてもはるかに高料率(Kindleも開始当初は高かったですが)。

Twitterなどで検索しても、最近はBookLive!で買った!といったつぶやきが増えるなど、読者も確実に増えてきててイイ感じです。

ブログやTwitterを持っている方などは、自身が買うために自らリンクを踏んで買うのもアリ。それでも報酬として10%つきます。

リンクシェアなら最低振り込み金額が無いのが嬉しいんですよね(他は例えばAppleですと最低30000円以上成果が出ないと振り込まれない><)。

消費税も上がる今後、ちょっとしたお小遣い稼ぎとしていかがでしょうか。始めやすくて売りやすいリンクシェア、オススメですよ。

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム