【速報】BookLive!とCCCが新たな総合書籍プラットフォームを発表

BookLive!が都内でCCCと新しい書籍プラットフォームの発表をしました。

アマゾンリンク

国内最大級のストア同士が放つプラットフォーム

BookLive!がプラットフォームを発表
 
随時こちらのページに更新していきます。
 
13:10 BookLive!淡野社長登壇。
 
・CCCとの提携
・Tポイント、TカードID連携
・CCC店頭での購入で、シームレスにBookLive!本棚に本が登録(エアブック)
・CCC店頭で書籍注文、届くまでの間、BookLive!で読書可能
・CCCカフェで電子書籍を読める(BookLive!スポット)
・プラットフォームとしてヨコ展開
 
13:20 CCC中西CEO登壇
BookLive!とCCCが提携
 
・Tカードと連携してBookLive!本棚に購入書籍が並ぶ(エアブック)
・TSUTAYAで展開する映像や音楽に関連する電子書籍を無料・有料で展開(TSUTAYA360)
 
13時30分 質疑応答
BookLiveとCCCが提携
 
・スタート時の明確なスケジュールは未定。年内は確定。(BookLive!)
・開始時のタイトル数は未定。(BookLive!)
 
・提携の話は3ヶ月前くらいから。以前から凸版とは提携があった。(CCC)
・必ずしもすべて無料というわけでない、まず会員になってもらう、それらのメリットがある。(BookLive!)
 
・IDという情報としてCCCに行くという認識。(BookLive!)
・双方での書籍購入情報は、どちらにも行かない(CCC)
・プラットフォーム展開のスケジュールは現段階では未定(CCC)
 
・三省堂との関係は引き続く、プラットフォームに乗るかどうかは未定。(BookLive!)
・TSUTAYA eブックスは総合サービスとして現存していく。(CCC)
 
・電子書籍は再販制度に乗っていないところが業界の課題と認識(BookLive!)
・提案できる売り場を作ってこれなかった、ゆえに今回のプラットフォームを考えた(CCC)
 
・エアブックタイトル数は未定だが、現在進行中のものはある。(BookLive!)
 
・成功の鍵はコンテンツ増と認識。手間は(自炊に比べれば)それほどでもないと考える。(BookLive!)
・手間のかからないシステムを目指さないと、という認識(CCC)
 
13:47 フォトセッション
BookLiveフォトセッション

13:50 終了。囲み取材、TV取材。