マジか・・・、1位2位を10円本が独占!Kindleランキングはフリーペーパーランキング状態に

ついにきてしまいました。Kindleランキングが崩壊です。第1位と2位が10円本です。

アマゾンリンク

ベスト10すべてが200円未満

ついにベスト10すべてが100円本に

Kindleランキングの荒廃は先日投稿しましたが、ついにその日がやってきました。(※ランキングは1時間ごとの更新ですが。)思った以上に早かったようです。なんと第1位と2位が10円本です。

この2作はその前からもランキングの常連となっていましたので、今後もしばらくはこの状態が続くと思われます。

そのため、すでに無料本はあまり意味のないランキングになっており、2014年12月18日3時05分時点でのランキングでは、無料本1位の電子書籍しかランクインしていませんでした。

Kindleランキング荒廃の様子

10円
10円
99円
100円
99円
180円
99円
100円
99円
99円

こんな感じです。すでにこうやって値段だけ書きますと、なんのランキングなのか一切見当がつきません。アプリ市場の9割が無料アプリといいます。Kindleが0円本を解禁すれば、この流れはいっきに加速しそうです。

もちろん、Kindleランキングは1時間おきに更新ですから、あくまでこの時点でのランキングですが、それにしてもびっくりです。

コンテンツは無料化していく

音楽業界ではすでにCDは売れなくなっていて、YouTubeでPVがタダで見られ、アーチストはなんとかライブで収益を出しています。コンテンツはどんどんと無料のほうへと進んでいきます。

この流れがさらに進んで無料本が解禁されれば、Kindleランキングはフリーペーパーランキングになります

CD売上ランキングが一部のアーチストのためだけのものになったように、ランキングだけに頼る電子書籍との出会いは、思ったよりも早く別れを告げそうです。

追記 20位以降は他ストアと似ている

BookLiveランキング

さて、Kindleランキングですが今後もTOP10は100円未満本が多数派を占めると思われます。ただ、20位以降は有名タレントの2000円前後のものが並びます。これは、BookLive!とほぼ同じラインナップでした。

もちろん、横並びで面白くない、というのはありますが、商業本ランキングという点では20位以降をそういう観点でみると面白いかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする