ラフにペン入れ済み!アフトクラトル編最高潮!ワールドトリガー9巻の感想

集英社もついに紙本と電子書籍が同時発売です!!!ワートリファンの皆様待望の9巻が登場です。

アマゾンリンク

9巻はアフトクラトル編です

8巻に続いてアフトクラトル編です。そして、戦いは最高潮!

千佳を守る修を、守るために烏丸、レプリカ、迅、遊真が、みんなが戦います。スナイパーチームやB級隊員、そしてノーマルトリガー最強の忍田本部長も圧倒的な強さを見せます。

そして、最後はやはりあの男が、黒トリガーに立ち向かいます!!!

それぞれの戦いの対比と成長

久我と迅のバトルは敵味方の立ち位置は違いますが、とても良く似ていてうまく対比できています。

また、三輪が修に見た過去、そして久我が修に見せられた雄姿、それぞれにしっかり影響を与えている修。

そして、ハイレインのセリフにも、9巻にはありませんが、次巻の対比の伏線がしっかり張られています。

そして!

ペン入れしてる!

しっかりペン入れされています。

>>【まとめ】ワールドトリガーがまさかの富樫化!10月6日発売号でペン入れせず下書きのまま掲載

もうめっちゃ嬉しかったです!

あと、1つだけネタバレしちゃいますが、個人的には冷静沈着なミラちゃんの汗が見られたのがツボでした!\(^o^)/<どんな趣味だw。

葦原大介さんの緻密なバトル構成とスピード感に酔いしれろ!

ワールドトリガーの醍醐味であるチーム戦が9巻もしっかりと描かれています。また、敵もチームで戦うなど、物語はクライマックスを迎えます。

勢いのあるバトルの中にも、次の戦闘につながる伏線や仕込みがしっかりと盛り込まれ、相変わらずの構成の緻密さにうなりながらページをめくることでしょう。

そして、最後は衝撃の結末に!

遊真の戦い方が、よくあるご都合主義的なパワーアップが無いのがワールドトリガーの魅力だと思いますが、今回も納得のいくバトルで、本当に凄いですね。

ワールドトリガー10巻は3月4日発売です。これも見逃せません!ストアの配信通知にトリガーオン!

BookLive!は20%オフクーポン発行中ですよ!ゲットしてから買おう!