話題のMastodon本が早くもKindle本で登場

ネットで話題の新興SNS、Mastodon(マストドン)の解説本が早々にKindle出版で登場しました。

アマゾンリンク

話題のMastodon(マストドン)本


>>Amazon.co.jp: Mastodonとは: 脅威の分散型SNS eBook: 吉田喜彦: Kindleストア

Mastodon(マストドン)とは、新興のSNSです。

分散型SNSとも呼ばれ、SNSサーバーが連携できることが注目されています。

ドイツ人学生が1人で開発

Mastodonは、その開発ストーリーもヒットの要因となっています。Eugen Rochkoさんというドイツ人学生が、1人でコードを起こしGitHubでオープンソースで開発を進めているのです。

その先進的な設計思想と、シリコンバレー発ではない1人のコードが世界を変える、といった夢のあふれる背景に、多くのエンジニアが飛びつきました。

Kindle本でブレイク後5日で刊行

本書はKindle本で出版されています。著者の吉田氏はフリーでマーケターをやられているかたです。

内容はスピード重視としながらも、Mastodonの概要を一通りおさえられる構成となっています。少なくとも2017年4月18日時点でのwikiよりは詳しいです。目次は以下のとおり。

第1章 Mastodonとは
第2章 Mastodonの基礎用語
第3章 Mastodonの使い方
第4章 Mastodonの今後とリスク
参考文献

とくに参考文献で多くのリンクが掲載されており、これを一通りチェックするだけでも、Mastodonについて詳しくなれそうです。ただ、内容の一部はネットでもわかる程度の情報にとどまっています。

Mastodonについてまとまった情報をすぐに知りたいという価値が、500円で高いかどうかという点で評価はわかれそうです。

ただ、数日で刊行したとしながらも、本文のみで約1万6千文字というボリュームには驚かされます。

Mastodonのリスクがわかる

Mastodonにはそれなりにリスクもあります。そのことを包み隠さず解説し、そのリスクを理解した上でMastodonを利用できます。

Mastodonには興味があるけれど、はじめる前にちょっと概要をつかみたい、というビジネスマンやエンジニアにおすすめです。

>>Amazon.co.jp: Mastodonとは: 脅威の分散型SNS eBook: 吉田喜彦: Kindleストア

Mastodonにはこれからも注目が集まりそうです。