書店がアフィリエイト

レベニューシェア方式は専用端末が普及する起爆剤となるか

イギリスの大手書籍卸会社 Gardner Books という会社が Android 4.0 搭載の6インチ電子書籍タブレット「GoTab」を発表。価格はなんと日本円で約7,500円。イギリスの書店や小売店にて販売するらしいです。

アマゾンリンク

書店がアフィリエイト

http://gpad.tv/tablet/gardnerbooks-gotab/

こちらの記事によりますと、販売する書店などにアカウントを割り振り、その端末経由で売れた場合に利益が還元されるようです。

書店がアフィリエイトをしたら良いのでは?というのは、私も過去に書いています。

https://bookbery.jp/709.php
BookLive!端末には、やっぱり期待しちゃうまとめ

この仕組は書店にも利益還元があるのが良いところ。書店でも購入方法をレクチャーする顧客サービスなど、書店と顧客の新しい付き合い方も生まれるかもしれません。

電子書籍の普及は生活を変えるパワーを持っていると思います。