キンドルストアがオープン

キンドルストアがオープンしました。

キンドル端末だけでなくスマートフォンやタブレットアプリでも読める仕様や、1クリックで買えるAmazonの利便性はそのままです。蔵書点数は約4万点(無料本1万点を除く)ということですが、キンドルストア限定販売もあるそうです。今後が楽しみですね。

アマゾンリンク

<キンドルストア画像>

キンドルストアの使い方~コミックで「安い順」に並べ替えをしてはイケナイ

通常のAmazonのページからはリンクがあまり張り巡らされていません。海外のキンドルストアですと、印刷本と電子書籍、中古本とが併記され消費者が選べるようにもなっているのですが、2012年10月25日01:03現在、独立したストアの様相となっています。

※2012年10月25日01:03の状況です。

・1クリックで買える
・Amazon.comで買った書籍も引き継げるらしい(http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121024/432322/?ST=system&P=2)
・価格は他の電子書籍ストアと同じ模様
・オープンしたてなので「他の人は~」というレコメンドは殆ど無い
・成年向けコミックなどフィルタリングはかかっていない
(ソートなどで成年向けのが出てくる)
・利用は環境はKindle Paperwhite、Kindle for iPad/iPod Touch/iPhone、またはKindle for Android
・検索すると印刷本が出てきて、クリックするとそちらに誘導され戻るリンクが無い
(ナビは概ね改善され行き来が可能になってます)
・Amazonの自主出版のも買える
・「全巻購入」といったボタンは無し
・カテゴリー分けは微妙なものも見られる
・ダウンロード期限については記載無し
・セルフ出版も可能(日本からのリンクは無し)
・課長島耕作やのだめカンタービレ1巻が99円などセールも見られる

追記 2012年10月25日

・印刷本、電書、古本、価格併記がされました。