koboの年内20万冊は実現するかもしれない

koboが20万冊を年内中に目指す仕組みに以前から興味がありました。

アマゾンリンク

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0603Q_W2A800C1000000/

楽天、koboの書籍は2012年中に20万冊を目指す

こちらの記事によりますと、

2012年末までに日本語の書籍を20万タイトルそろえることなど、今後の見通しを示した。

とありますが、トップのガラパゴスでさえ、現在は7万冊くらいだったはず。こういうのは契約がある話だから、どうなのかなあと思っていたら、こんな隠し玉が。

http://news.mynavi.jp/news/2012/08/10/029/

電子書籍サービス「パブー」でkoboイーブックストアへの作品配信が可能に

・・・パブーで出版されているブックを、koboにも出版出来るようになるんですね。

たしかに、こういった自主出版も含めれば、7万冊超えは可能ですね。元々パブーはepubに対応していましたので、koboが採用しているepub3とは親和性も高いと考えられます。今後、epubに対応したサプライヤーがkoboと提携する流れが見えてきましたね。

海外では、kindle対googleイーブックストア連合の動きがあるようですから、国内でも、連携の動きが広がるかもしれませんね。