電子ブックリーダーは何故最初アクティベーションが必要なのか?

電子ブックリーダーは何故最初、アクティベーションという面倒な作業をしなければならないのでしょうか?

アマゾンリンク

アクティベーションとは、正規のライセンスを持っている、という設定を済ませるということです。

「正規のライセンス?」「これは私が買ったのだから、私のに決まってるではないか?」そう思われますよね。

しかし、そもそも電子書籍は、データを入手しただけでは見られないのです。暗号化されてるのです。ですから、それを解読して表示させるためには、あなただけの独自の解読キーを持ってなくてはならないのです。それがアクティベーションです。

サーバーにアクセスし、解読キーを発行してもらい、それを端末に記録する。

そうすることで、あなただけの解読キーが端末に内蔵され、あなたが買った電子書籍だけが、その登録された端末で読めるのです。そうして著作権を保護しているのです。

電子書籍ストアによって、端末の登録台数や、再登録数に制限があるのは、そうした著作権へ考え方の違い、とも言えるかもしれません。利便性と著作権保護は表裏一体なのです。