凸版印刷グループならではの「カード」を切ってきたBookLive! 電子書籍専用プリペイドカードを発行、国内初

BookLive!プリペイドカード

ついに電子書籍専用プリペイドカードの登場です。現状でもWebマネー、bitcashが使えるBookLive!ですが、これでまた決済の選択肢が広がったことになります。カードが使えない、カード情報を登録するのが不安、といったユーザーの期待に応えます。

アマゾンリンク

BookLive!プリペイドカード
http://booklive.co.jp/release/2012/12/071100.html

販売するプリペイドカードの価格は1,000円/3,000円/5,000円分の3種類です。購入後、カード裏に記載された番号とPIN番号をストア所定ページから入力することで、額面のポイントが反映される仕組みとなっています。専用端末だけでなく、スマートフォン等の汎用端末での利用も可能です。『BookLive!プリペイドカード』の販売店舗は、今後順次拡大していく予定です。

今までも、カード決済以外の決済が充実していたBookLive!ですが、このカードの導入でますます選択肢が広がった形になります。

一方、Apple決済が利用できる他ストアでは、iTunesカードのセールに恩恵を預かるユーザーも多かったと思います。しかし、このカードの登場で、販売店が独自にカードのセールを行う可能性もあるでしょうから、そういった差も縮まっていくかもしれません。

BookLive!が、凸版印刷グループならではの、まさに「カード」を切ってきた、といったところでしょうか。

来週はいよいよBookLive!リーダーLideoの発売です。ますます目が離せなくなってきましたね。

BookLive!会員登録(無料)
BookLive!の無料会員登録は画面右上の「会員登録」からどうぞ。