穂村弘「もうおうちへかえりましょう」

ピース又吉さん オススメの電子書籍は、穂村弘さん著「もうおうちへかえりましょう」

Lideo発売記念イベントで、お笑い芸人ピースの又吉さんがオススメしていた電子書籍は歌人の穂村弘さん著の「もうおうちへかえりましょう」でした。

アマゾンリンク
もうおうちへかえりましょう (小学館文庫)/穂村弘

タイトルを見た時に、平仮名のみで書かれているのを見て、この人の言葉へのこだわりは凄いな、と。読んでみたいと思いました。
読んでみたら内容も面白くて。~自分だけ1人ぼっちになっているような人が共感出来るのが一杯あるんですよ。
日常から創造の世界へ飛んでいく展開のあるエッセイとか、凄い内容が詰まってて・・・

歌人である穂村弘さんのエッセイ。その魅力に引き込まれたピース又吉さん。イベント中多くを語らなかったピース又吉さんが、この書籍の紹介だけは熱く流暢に語っていました。読んでいる方の実際の言葉があふれ出している感じで、思わず聞き入ってしまいました。

人気歌人穂村弘、衝撃のダメエッセイ第二弾!
正義の味方はもういない。金利はまったくゼロに近い。高度成長期に育ち、バブル期に青春時代を過ごした40代独身男は、デフレとスタバとケータイに囲まれて、ぼろぼろの21世紀を生きている。永遠の女性は、きらきらした「今」は、いつ目の前に現れるのか? 故郷も、家族も、夢も、希望も、志も、野望も、立身出世も、革命も、維新も、なにもなくなってしまった「今」という時代。白馬に乗ったお姫様がいつか現れて、僕を幸せにしてくれるはず、なのに。
衝撃のダメエッセイ『世界音痴』に続く、人気歌人「ほむほむ」こと穂村弘のエッセイ集第二弾。

これは読んでみたくなりますね。