7inchタブレットの重量とバッテリーと価格を比較してみた

7インチ

PDFファイルを読むのには、やっぱり液晶端末のほうが格段に見やすいです。サイズも持ちやすい7インチAndroidを調べてみました。

アマゾンリンク

こうしてみると、後発だけあってGoogleのNexus7がパフォーマンス良いですね。性能、価格、バッテリーと最も安心できる感じですね。

<Nexus7画像>
340g 1.3GHz Quad-Core 4325mAh

<GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D画像>
345g 4000mAh 1.2GHz Dualcore

Kindle Fire
参考価格 日本円で約15000円
413g 4400mAh

<AT3S0/35D画像>
381g 3060mAh(推定) 7inch

<ソニー タブレット WiFi S画像>
598g 1280×800 5,000 mAh 9.4inch

<A01HW画像>
500g 4,800mAh

<IdeaPad Tablet A1画像>
422g 3060mAh(推定) 7inch

<タブレット PC MOMO9画像>
390g いわゆる中華PAD 3060mAh(推定)

KindleFireも、価格で存在感ありますね。重くてもバッテリー容量があるのでトレードオフ。

あとは概ね7inchタブレットは、3万円前半といった感じで考えておくと良いでしょう。10inchよりは小さい分、それよりはちょっと安い印象。

一方、電子ブックリーダーなどの端末は、軽くてバッテリーが持って1万円台前半。まあPDFが見辛いのはご愛嬌といった住み分けなんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました