電子書籍って読書文化を、ちょっとだけ広げてくれるものじゃないでしょうか

電子書籍って何でこんなにも普及が進まないのか不思議に思う方もいますよね。著作者、出版社、書店、流通、印刷、多くの方が関係して書籍が作られますので、そういった大人の事情というのが大きいわけですが、一方で技術革新、または海外からの参入など時代の波は押し寄せてくるわけで、ならばこういった提案はいかがしょうか。

アマゾンリンク

電子書籍が印刷本を上回ることは無い

書店に行き、多くの書籍を見ます。文庫本もあれば写真集まである。大きさや形、印刷、風合い、日本の読書文化とも言える多様な作品がそこにはあります。

これを全て電子書籍に置き換えることは、到底不可能でしょう。先進国アメリカでも、ようやく電子書籍本の方の売上が勝ったというレベルですし、そもそも文化が違いすぎます。電子本は効率化やスペース、価格など、多くのメリットもありますが、置き換えられないものもあるわけです。

とは言え一方で、少なからず売上には影響するだろう、という懸念もあるかとは思います。その上で権利処理を慎重に進めながら、コミックなどでは国産ファイルフォーマットでも実績を積み重ねているはずです。勿論過剰に効率化が進めば、一番煽りを食うのはどうしても小売、流通、小売、といったエンドよりの関係者の方々です。

ですから、著作者、出版社、印刷、流通、小売、そしてユーザー、全ての関係者の方の心配を払拭できるような、そんな落とし所を考えてみました。多少飛躍しているところもあるかもしれませんが、そこはご愛嬌で。

自炊想定本の氾濫はおかしいと思う

自炊本がヤフオクで売られることは、とても残念です。買う人はデータにすることを前提に買うわけでしょう。そして、それをまた転売する。古本と同じく、著作者や出版社など、多くの方の利益にはなりません。まして、データ化したものが流通しないとも限りません。

そこで、どうでしょう。漫画本のように、書籍は全部シュリンプして販売する。そこにシールをペタ。

「開封は以下のことに同意したとみなされます。~自炊データ化した場合、ヤフオクなど転売出来ません。」

これであれば、転売している人は規約違反ですので、権利者は強く言えるでしょう。書籍もコンテンツと考えると、ソフトウェアのようにライセンス的に守るのが良いかと思いました。

出版契約に「1年後に電子化する」と明記

永遠に売れ続ける本はごくわずかです。「金持ち父さん~」や「7つの習慣」など、ごくわずかに売れ続ける書籍はありますが、本当にごく僅かです。まして、売れた本が、amazonマーケットプレイスで流通すれば、一切著作者には実入りはありません。

ですから、ならば、せめて電子化をして古本よりも安くすれば、買う理由もあり、年月がたって売れなくなった本でも、利益を得ることが出来ます。実質本の値下げといってもいいかもしれません。電子書籍は在庫スペースがいらないことと、売り切れがないことがメリットです。実はこれは作者さんにも利益をもたらすとおもっています。

時がたったら、いろいろなニーズに合わせ、電子本も再発売する、くらいの気持ちで良いのではないでしょうか。

印刷本と同時に出す場合は、たとえば、印刷本の7割程度で売るなどすると良いでしょう。amazonなどでは半値というのも多いみたいですが、大多数ではありません。古本が半値あたりになるのを見越し、また、ユーザーからしても印刷本ほどの可用性が無い、という点ではそのくらいが妥当かと思います。そして、1年後くらいには半値などもいいかもしれません。

書店は電子書籍コーナーを設置

今回のkobo騒動のように、興味はあってもなかなか操作がおぼつかない人も多いと思うんです。実際、私は、ソニーストアに行きリーダーを、スタッフの方と一緒に操作させてもらいました。とても安心して電子読書を始めることが出来ました。

やっぱりこういう安心感っていいと思うんですよね。そして、最近ですと、リアル書店のポイントと電子書籍ストアのポイントが相互利用できる動きも広がっています。前述のように、全ての書籍が電子化出来ないのであれば、ユーザーは印刷本を買わざるを得ないときもあって、普及したとしてもやっぱり両方使うと思うんですよね。そうなったときに、身近な本屋さんというのは心強いと思います。

または、書店で端末を販売する。そのときに、書店独自の年間サポートなどを付ける、というのでもいいかもしれません。そういう読書の楽しさを広げる方向で、プラスに捉え、何かマネタイズを工夫するのが良いと思うんです。読書文化を広げる、というか。メモリやブックカバー、バッテリーなど、関連商品も販売できます。

読書文化のそばに、いつもあなたの書店が、というのは素敵ではありませんか?

一方でIT業界はもっと謙虚になるべき

安くなりますよ!便利ですよ!という効率ばかりをうたって広めようというのは、ちょっと違うと思うんですよね。読書ってやっぱり文化だと思いますし、いろいろな方の思いや歴史が詰まっているわけで、そこを時代の流れ、IT革命という勢いだけでこじ開けようとするならば、それは受け入れられないと思います。

もちろん、ナン十巻もある漫画などを電子書籍リーダーで気軽に読めるのは、それはとても便利なことです。受け入れる方も多いかもしれません。

ただ、それを全員が全員そうではない、とは思います。並べて書棚を満たす、ということもある意味文化だと思います。まして、とても綺麗な写真集や素敵な風合いの絵本を100%、電子ブックリーダーやタブレット端末で再現できるかというと、それも難しいでしょう。良い面もあり、適さない面もある。そういう限界や適性を謙虚に把握し、提案をして欲しいと思うのです。

既存業界にも配慮し、歴史にもリスペクトを忘れずに、読書文化を広げる提案をする、粛々と。そういう姿勢こそが本当のユーザー目線だと思います。

私たちは、その変化を、多様性のまた新たな一歩として、楽しばいいのだと思います。