WordPressでWebマーケティング関連機能を実装する、その1

ウェブマスターツール、Googleアナリティクス、RSS・Twitter・facebook・YOUTUBEリンク、ヘッダーの整理などをしました。

アマゾンリンク

今日はkoboのアップデートがあり、もうやるしかないと思い腰を上げました。

1.Googleアナリティクスの設置

ホントは中間コードとか、ソーシャルとかいろいろとやってから実装したかったのですが、今回の記事に合わせて実装。ポイントはウェブマスターツールの前に実装すること。

2.Google XML Sitemap プラグインの実装

日本語化もされているのでオススメ。

3.ウェブマスターツールの実装

ここまで来てようやく実装です。Googleアナリティクスを入れておくとサイト認証がすぐ終わります。サイトマップを予め入れておけば、登録サイトに/sitemap.xmlと入れるだけです。

4.ヘッダーの整理

これは、ちょっとまだペンディング。WordPressのプラグインで目星はつけていたのですが、決めかねてた。とりあえず保留してます、理由は以下。どちらも日本語化されていて、いい感じなんですけどね。。。

・Head Cleaner

◯ OGPまで設定してくれる
◯ ホントにすっきりする
☓ キャッシュ作成がうちのサーバーだと重い
☓ キャッシュと他のキャッシュソフトとバッティングしたら怖い

・All in one SEO

◯  Descriptionなど自動設定。
☓ わずかながら重くなった

あと、どちらも、Descriptionを自動で設定というのが、難しい。Allin~は出来るのですが、抜粋に書かれてないと☓。Head~ はOGPでDescriptionっぽいのが設定されていたのですが、moreの前を自動取得してくれてたのですが、moreのタグまで引用しちゃってたので、余計な文字が入っちゃってました。

WordPressプラグインで、投稿のタグとmoreの前までを自動で認識して、metaにしてくれて、OGPも設定してくれるのがあれば、最強なんですけど・・・。

5.RSSの整理

これはDescriptionの整理とも関連するのですが、現在は本文そのまんまになってるので、変えたい。

というわけで、とりあえずここまで。