WordPressでカテゴリー無しに301リダイレクトさせるhtaccess

URLの正規化と文書の構造化をしっかり行うために、この際、URLを書き換えることにしました。記事数増加でも階層が深くならないようにです。

アマゾンリンク
  1. WordPressのURLからカテゴリーを無くす
  2. URLの正規化でhtaccessを修正
  3. 301リダイレクトがSEO的にはいいらしい
  4. SEOのおすすめ書籍

WordPressのURLからカテゴリーを無くす

ウチのWordPressの設定は、パーマリンク設定を、/%category%/%post_id%.php としていましたので、URLに必ずカテゴリー名が入ってました。

ただ、これですと、カテゴリー構造を深くしていくとどんどんURLが深い階層になってしまい、ちょっとSEO的にどうなのかと思い、今回思い切ってURLからカテゴリーを削除しようと思いました。

今まで書いた記事のURLがごっそり書き換わるので、URL的には厳しいこととなるでしょうけども、やるなら早いほうが良いと判断。

URLの正規化でhtaccessを修正

WordPressで、たとえばaaaというカテゴリーがあって、

修正前 http://www.jp/aaa/999.php
修正後 http://www.jp/999.php

としたい場合は、以下のようにhtaccessに追記します。

RewriteEngine on
RewriteRule ^aaa/(.*)$ /$1 [R=301,L]

あと、kagoyaサーバーだけかもしれませんが、文字コードはUTF-8だとダメでした。なんとSHIFT-JISじゃないとダメ。MYSQLとかの設定なのかよくわかりませんが、はまったので一応忘備録。

301リダイレクトがSEO的にはいいらしい

ページを移動させる、サイトを引っ越すといった場合で、URLが変わる時は、基本的に永久的にURLがこちらになりますよ、という301リダイレクトがSEO的には良いらしいです。

リダイレクトにもいろいろと方法があるらしいのですが、引越しなど多くのURLがごそっと変わるときには、htaccessというファイルに追記してリダイレクトさせると。

これであとは、カテゴリー整理とまとめページの作成をルーチン化すれば、第1フェイズ終了。うまく効いてくれることを祈ろう。

・参考リンク
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2010/01/05/6369
http://www.suzukikenichi.com/blog/integrating-www-and-non-www-by-301-redirect/

SEOおすすめ書籍

SEOフリーランスの辻さんが、基本はこの本がいいと言っていました。たしかに、基本はこれをまずは知らないと、というくらい凄い本です。
「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」をAmazonでチェックする
SEO本