伝え方が9割

うわ、こんなにシンプルでいいんだ!「伝え方が9割」読んで分かったこと

感想としては、いわゆるコミュニケーション本にとどまりません。著名コピーライター佐々木圭一氏のウィットや言葉の世界を堪能したい方にもオススメです。

アマゾンリンク

伝え方で変わる印象

ダイヤモンド社から発売された本書、読む前はいわゆる交渉術、コミュニケーション本だと思っていました。アサーションというスキルもありますが、そういった「言い方」の本だろうと思っていました。私自身は大学の教職課程で講義をし伝え方の基礎は知っているつもりでしたから、読む前はそういう決め付けをしていました。

しかし、あまりにも売れているのですかさず購入。私の印象は間違っていた、売れている理由は別のところにあった、感想としてはそう思いました。

まとめますと、たしかに伝え方で印象は変わるのですが、その解説が程よい品を保っているところが、佐々木圭一氏の上手いところ。そんな感想です。
 

課題とともに優しい伝え方がわかる

本書には、課題がいくつか提示されています。

例えば、「自転車を置かないで」「無駄な電気を消して」など身近で、かつ言いづらいこと、言っても効果があまりないことなどです。これらを、佐々木圭一氏の解説とともに効果的な伝え方をいくつか示してくれ、とてもわかりやすく伝え方の技術が理解できます。

また、そこで重要なのは考え方です。

おそらく、この書籍が単なる「有利に交渉を進めるための言葉選びのテクニック本」ならばここまで話題になることはなかったでしょう。もちろん大手サイトのレビューで、「目的のために相手を誘導する」という側面に違和感を覚える声もありました。でも私は、本書がそういう目先の勝敗にこだわるためのテクニック本ではないと感じました。

それは、この本文自体も、コピーライターの佐々木氏の作品であり、洗練された言葉でシンプルに書かれている、目的を達するための考え方としてやさしさや相手の感情を慮っている、そこはかと醸しだされている品のようなものがあるのだと。そこが他の「言い方本」と一線を画すと結論しました。

文量は少なめですのでさらっと読めます。そういう点では印刷本よりも、安い電子書籍がホントオススメです。Kindleや楽天koboなどどのストアでもだいたい2割以上印刷本よりも安いです。いつでも持ち歩いで、何度も読み返したくなる、そんな洗練された構成や言葉に触れて欲しいと思います。
 

佐々木圭一とは

コピーライターであり作詞家でもある佐々木氏は、上智大学大学院を卒業後、1997年博報堂に入社します。米国で2年間インターナショナルな仕事に従事し、日本人で初めて米国の広告賞OneShow Designでゴールド賞を獲得します(Mr.Children)。その後も活躍を続け、国内外で51ものアワードを獲得します。

広告以外には、郷ひろみさんやChemistryさんの作詞家として、オリコンの1位を2度獲得します。現在、上智大学非常勤講師としても活躍し、感動をつくりだすことをライフワークとして益々活躍の幅を広げています。

優しい伝え方、ぜひ皆さんも触れてみて下さい。
 

「伝え方が9割」目次まとめ

はじめに 伝え方にはシンプルな技術がある
第1章 伝え方にも技術があった!
第2章 「ノー」を「イエス」に変える技術
第3章 「強いコトバ」をつくる技術
おわりに あなたの宝の地図を見つけよう

上記の章に、以下の様な魅力的なセンテンスがたくさんあります。

・確率0%を、アリに変える!
・「イエス」に変える「7つの切り口」
・「お願い」は相手との共作だ
・「強いコトバ」とは?
・周りの人から「コトバが変わったね」と言われる日
・人を動かすのは、ルールではない。感動だ

「有利に相手を動かす」ための技術というよりは、相手に誤解されない、相手も気持ちよく、お互い良い方向を目指すための提案をしたい人向けの本だと思いました。
 

伝え方が9割/佐々木 圭一

伝え方が9割/佐々木 圭一

事前のポイント購入で最安になることも多いBookLive!がオススメですよ!