すぐに電子書籍業界は団体を作って書店にシュリンク代を助成する仕組みを作るべき

電子書籍の普及が進んだとき、考えられることは、明るい未来ばかりではありません。当然、影の部分も出てきて、もちろんそれを100%克服することは出来なくても、ともに考えていくという姿勢は重要です。読書文化をどう広げていくか。電子書籍業界は早急に団体を作るべきです。

アマゾンリンク

サンプル確認にリアル書店が使われる

もうおそらく家電の世界では謙虚になっていると思います。店頭で実機を調べて、ネットで最安を買う。

電子書籍が普及して、おそらくは価格も多少は安くなろう、という中(実際koboは消費税分(海外からの販売ということで)安い)で、書店など小売りが心配するのは、まさに前述のようなサンプル展示場所に成り下がってしまうことです。

漫画ではすでに始まっている

漫画は、気軽に読めてしまうため、立ち読み対策も含め、すでにシュリンクが一般的になっています。また、コンビニなどでは、一般雑誌もゴムをかけることが普通になっています。

これを一般書籍でも行います。すると立ち読みや確認は出来ません。Amazonでも、「中身検索!」が出来ないと売れません。ネットでの立ち読みを進めざるを得なくなります。

すでに、誰々のファン、ということであれば、シュリンク状態でも売れるでしょう。また、逆にネットで調べて書店ですぐに買う、という流れも期待できるでしょう。

一方、電子書籍は在庫がないので、電子ブックの販売も期待できます。

ネットの小売りがしわ寄せを食う、というのもあるかもしれませんが、パワーバランスとしてはまずはこれくらいで、いいのではないでしょうか。

シュリンク代は業界団体で

書店の規模に合わせシュリンク代を、電子書籍業界団体が助成します。

さらに、例えば作家団体などで、そのシュリンクに、「開封したら「自炊用に転売しない」に同意します」というシール代を助成すれば、完璧です。作者は古本流通で印税が目減りすることを防げます。

電子書籍業界、具体的には、シャープ、楽天、2Dfact、bookrista(ソニー)、Booklive!、eBookJapan、パピレスなどが、すぐにでも団体を立ち上げて、シュリンク代を助成すべきでしょう。配布が面倒であれば、書店の団体に都合するだけでもいいと思います。

いずれにせよ、読書文化に関わる全ての団体が、利益の再配分を、真剣に考えるべきです。

縛りが多すぎて売れなくなる?

CDが売れなくなったことを引き合いに出す人もいるかもしれません。しかし、CD不振の中でも、着メロなどデジタル配信は好調でした。時代の流れはそれほど強力だと思います。

一方で、実は不振なのはビジネス書など、「ネットが競合」のジャンルです。多くのビジネスノウハウやIT関連情報は、もうネットで入手するのが常識です。また、宿の予約などの旅行関連や、ホビーのレビューなど、ネットと競合する多くの書籍は、厳しい様相です。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1208/17/news014_3.html

ですから、一方で、文芸などのジャンルは本の装丁なども含め、印刷本のカルチャーが根付いているためか、ビジネス書ほどの激減にはなっていないようです。

また、そもそも電子書籍に許諾を出していない作家の方や、書籍などにはシュリンクは必要ありません。日本で今でも電子書籍が普及していないのは、東野圭吾さんを初めとする大御所文豪が電子書籍化を許可していないことが大きいです。

ですから、縛りが多いと言う前に、まずはシュリンクして前進してみませんか?という提案です。これで売上げが下がったらまた考えれば良いでしょう。

とにかく、電子書籍業界は小売りに対しても、早く「読書文化を広める同士」だという安心感をアピールすべきです。団体を作れば、そこに意見も集まります。ぜひ業界関係者の皆様、ご検討をよろしくお願いします。

読書文化が広がることは、ユーザーもきっと受け入れてくれるはずです。