ストアは電子書籍ならではの売れる本作りを提案できる

ストアを成長させることは、資金がめぐり、施策が周り、ゆくゆくはユーザーにとって良いものとなるはずです。興味深いランキングがあったのでメモしておきます。

アマゾンリンク

BookLive!ランキング

BookLive!は最近、デイリーランキングを掲載しています。時間帯ごとにも微妙に変わっていて、Amazonの1時間おきほどではないですが、1日数回更新がある印象です。見ていて飽きないので、よく見に行ってしまいます。

そのランキングですが、写真集カテゴリーで興味深い結果が出ていました。上図は、2013年7月20日午前1時15分時点での写真集ランキングです。この日は、ホリプロ所属の人気タレントの小島瑠璃子さんのファースト写真集の電子書籍版の発売日。

ブックベリーでも取り上げましたこじるりさんの写真集がやはりランクイン。

しかし、1位は何と昨年発売の鈴木ちなみさん。

そして、3位には壇蜜さんがランクイン。

本当のところはわかりませんが、推察するにPVとしては、おそらく圧倒的にこじるりさんが集めたと思います。

ただ実は、小島瑠璃子さんの写真集のカメラマンは、鈴木ちなみさんのと同じ方です。つまり、小島瑠璃子さんのページに行くとレコメンドに、鈴木ちなみさんも表示されるのです。もともとTOP10の常連だったちなみさんの写真集に、こじるり票も加わり、当人を上回る結果に。これがちなみさん1位の私なりの考察です。

壇蜜さんは、昨日までは連続して1位でした。これはBookLive!の半額セールによるところが大きいです。元々知名度や売上があったところでの半額セール。売れないはずがありません。しばらく不動の1位でしたが、今回、こじるりさんパワーに押された形で3位にランクダウン。

こう考えますと、ストアでの見せ方や価格PRで売上が変わり、ランクインしますとその相乗効果でまた変わる、そういう「電子書籍ストアならではの売れ方」の知見が蓄積されるはずです。

電子書籍ストアは、集客数や会員数をアピールするだけでなく、こういうネットでの売れ方を、出版社や著者にいろいろと提案が出来そうな気がします。きっと既にやられているかもしれませんが、販売方法ももっともっと変わっていくでしょうから、新しい何か、電子書籍ならではの何かが出てくるのではと思うとワクワクしてきます。