発明オヤジの奮闘ぶりに元気をもらえる良書「絶対にゆるまないネジ」感想

ハードロック工業は絶対にゆるまないネジを製造販売するメーカーです。しかし、その地位を築くためには数々のドラマがありました。読み物としても面白いです。

アマゾンリンク

「絶対にゆるまないネジ」あらすじ

この書籍は、絶対にゆるまないネジを作っているメーカー、ハードロック工業社長の奮闘記です。いわゆるビジネス書ですが、社長の体験談がメインとなっています。

ですので、より具体的で、中小企業の生き残りの活路を見出したい方にオススメの内容となっています。

絶対にゆるまないネジの前に開発されたUナット、その技術を手放したこと、営業先を次々に開拓していく様、現在のハードロック工業、などある意味社長の半生がつづられています。とはいえ、いわゆる社長の自慢的な内容はほとんどなく、その歴史がしっかりと綴られていて好感がもてます。

文章は読みやすく半日もあれば読める量だと思います。

じつはネジはボルトとナット

日本企業の生き残りといった論述があると、たいていは付加価値、オンリーワンといった活路が明示されるものですが、実はそう甘くないことが本書ではわかります。

タイトルにもあります「ゆるまないネジ」というのは、実は間違いで、ゆるまないボルトとナットです。彼らはそのナットを開発しました。

ボルトとなっというだけでも狭い分野なのに、さらにナットですよ、ナット。しかし、それでも大きさや形など多様な課題に答えなければなりませんので、中小企業ではここまで絞りこまないとダメなんだと気付かされます。

中小企業の生き残りにはオンリーワンと営業力

ただ、じつはそれだけではダメで、どんなにゆるまないといっても、それを必要とする人がいて、初めて生き残りができるわけです。

本書では相棒である営業さんの活躍もしっかり描かれています。

その営業は実は兄弟です。しかし、社長の家族がイイ社員ですと、やはりまわりも気をつかってしまうもの。しかし、それもある工夫で解決しています。なるほどと思いました。

また、営業力も中小企業では限られたリソースしかないのが普通。ですから、いくつかの工夫が必要なのですが、それがまたナルホドでしたね。ほんとうまいです。マネージメントにもその発想力が活かされている気がしました。

こういう限られた資源の中、工夫と努力で成長していく姿は、どんな物語でもホント痛快ですね。

一方で、これはモノづくりの時代の話、というところは差し引いて読む必要があるでしょう。それでも、参考になるところは多数あると思います。

中小企業の社長や個人事業主、フリーランスの方には勿論のこと、現場仕事で疲れてしまっているビジネスマンにもオススメです。

※eBookJapanは「iPhone/iPod touch,iPad,Android」のみ対応です。

絶対にゆるまないネジ (中経出版)/若林 克彦

絶対にゆるまないネジ (中経出版)/若林 克彦

事前のポイント購入で最安になることも多いBookLive!がオススメですよ!