PRS-G1向け3G接続プランの新規受付が明日終了

prs-g1

3G接続が可能なソニーの電子書籍リーダー「PRS-G1」。いよいよ明日8月31日をもって新規の申し込み受け付けを終了します。

アマゾンリンク

新規申し込み受け付けの終了は、8月31日の19時まで。
http://www.sony.jp/reader/network/index.html

PRS-G1向け3G接続サービスとは

・リーダーストアのみが接続できるReaderStoreプラン
・月額580円でインターネットも使い放題のWebアクセスプラン

2種類のプランが用意されており、回線キャリアはauです。

ReaderStoreストアプランは、初年度無料、次年度は1年目に1冊以上の購入実績があれば無料、2年目以降は年額1050円という料金です。

Kindle Paperwhite 3Gと違い、コミックのダウンロードにも対応しているのが特徴です(それなりに重いでしょうけども)。

申し込みは、Readerをネット接続したPCにUSB接続、そして3G通信サービスの登録サイトから行います。

PRS-G1とは

3G接続ができ、当時としてはKindleも実装していなかったタッチパネルを採用して人気となりました。

現在でも、月額580円の通信ができる端末として評価する声がある一方で、E Ink端末でのWebブラウジングは、スマホと見比べてしまうと画面スクロールなど見づらい、といった声も多く、どこでも立ち読みや購入ができる端末としてのメリットが大きいかと思います。

端末の購入自体は出来ますが、魅力の1つでもある3Gプランの新規申し込み受け付けは、いよいよ明日19時で終了です。