2014年は13インチタブレットがブレイクしそう

アメリカのAmazonでは以前に比べ、13インチタブレットの商品がだいぶ増えてきました。低価格化も後押しをしています。

アマゾンリンク

13インチタブレットとは

日本では、10インチ級のタブレットではiPadが圧倒的シェアを誇っています。言い換えれば10インチ以上の市場はほとんど無い、といっても過言ではない状況かと。

もちろん、東芝から13インチタブレットが発売はされていますが、正直それほど話題にはなっていないですよね・・・(ファンの方ごめんなさい)。時期尚早、価格が高すぎる(PCが買えてしまう)といった見方があるのかと。

一方で、個人的にはビジネス用途としては、ちょっとiPadだと小さいなあと思うことがよくあります。しかし、選択肢が海外を含め、ほとんどなかったことを覚えています。

しかし、状況が変わってきました。

Amazon.comで、13インチタブレットの商品が増えてるんですよ。
>>Electronics › 11 to 15 Inches › “android tablet”

レビューも割りと高評価なものあります。そして、YouTubeにも動画が多数アップされています。なんかキテるんじゃないですかね。

オススメの13インチタブレット

Amazon.comのレビューでも高い評価で、動画もたくさんあり、良さげな雰囲気です。

>>FamilyPad 2 8 GB Tablet – 13.3″ – ARM Cortex A9 1.60 GHz – Black

なんといっても驚きは価格。13インチで$299です。国内で現在販売している13インチタブレット、東芝のREGZAタブレットAT830は約8万円です。高品質なディスプレイやワンセグなどハイスペックとはいえ、それでもノートパソコンも買えてしまう値段です。

やはり、買いやすいのは3万円台までかと思いますが、FamilyPad2はバッチリです。

FamilyPad2の特徴

前機種のFamilyPadも人気を博しましたが、当時としては価格を優先したためかスペックが若干貧弱でした。しかし、FamilyPad2では、そこそこのスペックを搭載しコストパフォーマンスが向上し、高レビューを獲得しています。

FamilyPad 2 8 GB Tablet – 13.3″ – ARM Cortex A9 1.60 GHz – Black
FamilyPad2

・1.6 GHzデュアルコアCPU
・A9 プロセッサ
・解像度 1280×800
・RAM 1GB
・内部ストレージ 8GB
・Android の 4.1
・200万画素フロント&リアカメラ
・Wi-Fi
・microSDカード対応
・1.3kg
・専用スタンド付属
・$299

持ち運びは可能ですが、立ったまま手に持って操作というのは、難しいでしょう。明らかにリビングや会社で座って操作するタブレットです。しかし、その大画面から得られるものは大きいでしょう。

$299という買いやすい値段ですから、日本でも29800円などで発売するところが出てくれば、一気に普及するのではないでしょうか。