カテゴリー: コンテンツ戦略

電子書籍ではコンテンツをいかに集めていくか、どう流通させるかという戦略が不可欠です。著作権に関する話題も。

2014年、予約販売がストアの勝敗を分ける

予約販売システムはとても難しいロジック。購入後すぐにダウンロードができる電子書籍だからこそ、時限でダウンロード可能にするとか、キャンセル対応するとか面倒です。そんな中、予約で買いたいユーザーのハートを射止めるストアはどこか?!

読み物のコンテンツ関連

読み物系の有料コンテンツ関連ビジネスが好調

cakesなど読み物関連の有料サービスが好調のようです。書籍も電子書籍という入れ物に入ってはいますが、読み物というコンテンツと言えるわけですが、競争激化よりも、まずは有料サービスが豊かになっていくことは嬉しいですね。やはりお金が回らないと継続されないので。