電子書籍こそ予約したい

電子書籍ストアで予約購入が出来るところってありましたっけ?現在の電子書籍のほとんどは印刷本から遅れて発売されます。しかし、同時発売をし、在庫切れのチャンスロスを減らし、さらに予約販売まで出来れば読者にもメリットがあるはずです。

続きを読む

今、Kindleストアで何が起こっているのか

電子書籍で「在庫切れ」という騒動が起きてる模様。Kindle自主出版で話題になった人気作「Gene Mapper」や、他の電子書籍で、2012年11月10日23時未明、買えないという事態が起きているそうです。

※2012年11月13日に解消されました。追記しました。

続きを読む

無料の「ブラよろ」が100円でキンドルストアで売られている理由

無料配布が開始された「ブラック・ジャックによろしく」ですが、キンドルストアのセルフ出版では0円設定が出来ないため、100円で販売されています。著者によりますと、大きな利益が出るようであれば医療関係で困っている方々への寄付も検討されるそうです。

続きを読む

電子書籍の値段を考えてみた

電子書籍の値段

やっぱりKindle強いですね。発表されてから、Kindle内でもランキングの変動が激しい。動いているってことは、それだけ人が関わってるってことですから、やっぱりAmazonのブランド力は半端ないですね。というわけで、電子書籍の値段について考えてみました。限りなく自分用メモです。

続きを読む

配本って難しいね

本の流通

本の流通って難しいですね。ちょっと書店の在庫を調べる機会があったのですが、どうも全店舗に配本されるわけではないようで、なかなか難しいですね。

続きを読む

TVCMプラス実店舗販売はやっぱサイキョー!

Kindleの圧倒的地位は、やはり実店舗での販売も大きいと思います。Androidタブレット端末が並べられている売り場で、Amazonほどの知名度のあるブランドが、戦略的なプライスを提示する。ましてTVCMまでやってるとなると、やっぱり最強だと思うわけです。

続きを読む

読み物系の有料コンテンツ関連ビジネスが好調

読み物のコンテンツ関連

cakesなど読み物関連の有料サービスが好調のようです。書籍も電子書籍という入れ物に入ってはいますが、読み物というコンテンツと言えるわけですが、競争激化よりも、まずは有料サービスが豊かになっていくことは嬉しいですね。やはりお金が回らないと継続されないので。

続きを読む

インディーズコミックの世界

インディーズコミック

インディーズコミックの世界。Web漫画など非商業誌のコミックもWebではたくさん読めます。mixPaperという技術を使った電子書籍では、ブラウザ上でコミックなどインディーズ漫画が読めます。

続きを読む