電子書籍リーダーレビュー(端末等)

koboやKindle、Lideoなど電子書籍リーダーや、専用端末のレビュー記事をまとめています。アプリのレビューなどもこちら。

電子書籍リーダーレビュー(端末等)

コスパ最強・LideoはKindle3Gの半分の値段で2割も軽量で通信も制限無しという事実

Lideoが実は凄い端末になっていたという話。
タブレット

電子書籍に最適、LGから8.3インチタブレット、G Pad 8.3が販売開始

LGからGのブランドで8.3インチタブレットが発売です。Googleからも直販されるこの端末は、Android4.2で7.9インチのiPad miniと比べると30g重い程度。
タブレット

クァッドコアで4:3で実質1万5千円!速くて見やすいエイサーA1-810はオススメの読書Androidタブレット

超オススメの7インチ級Androidタブレットを見つけましたよ。NEXUS7など7インチタブレットの縦長な画面に違和感を感じている人は、間違いなく買いです。Acer A1-810 は7.9インチの縦横比4:3のディスプレイで電子書籍も読みやすいです。
E Ink端末

Sonostar、電子ペーパーのスマートウォッチ、価格は$179

電子ペーパーを使ったスマートウォッチが年内発売です(発売日未定)。すでにソニーがアメリカでスマートウォッチを発売していますが、アップル(噂ですが)やsmile、サムスンなどの参入もあり賑をみせています。
Lideo

【電子書籍リーダー】Lideo持って図書館行くの快適すぎ(゚∀゚)

電子書籍リーダーを比較して購入検討してる方なら、Lideoがオススメ。なんてったって、どこでも通信料無料で本が買えるから。電子書籍って試し読みが出来ないって思ってる人も、図書館でなら思う存分出来ますよね。早速‥。
PRS-T3などソニー端末

コレは凄い!PRS-T3Sをハイスピード撮影したら、リフレッシュ不要な秘密がわかった

SONYの新しい電子書籍リーダーPRS-T3S。画面リフレッシュが4時間もの間しないとのフレコミですが、たしかに画像系の電子書籍でもリフレッシュがほとんどありませんでした。動画で比較してみましたが、果たして‥。
PRS-T3などソニー端末

ソニーPRS-T2の白黒反転(リフレッシュ)をハイスピード撮影してみた

PRS-T2の白黒反転(リフレッシュ)の様子をハイスピード撮影してみました。PRS-T2の場合、文字も画像も一度完全に白黒反転する状態があるのが特徴です。あと、文字だけの場合、何故か一度消える瞬間も‥。
タブレット

【速報・動画】8.9インチで374gだと(# ゚Д゚)!Kindle Fire HDXシリーズ、新しいキンドルファイヤーが発表

Amazonから新しいKindle Fire HDが発表されました。新しいキンドルファイヤーHDXは、8.9インチと7インチ。origamiカバーも発売します。遠隔で使い方を画面で説明できるMayDayボタンを搭載しビデオチャットが24時間無料で可能とのこと。
楽天Kobo

kobo Touchの画面リフレッシュをハイスピード撮影してみた

kobo Touchの画面リフレッシュを、ハイスピード撮影してみました。電子書籍リーダーとしての実力を推し量るべく、小説と漫画とで比較してみました。コミックは毎頁リフレッシュながら、読みやすいアルゴリズムだと思います。
Kindle

Kindle PaperWhite(2012)の画面リフレッシュをハイスピード撮影してみた

画像の白黒反転に工夫があり、とてもスムーズに画面がリフレッシュします。Kindle PaperWhite(2012)で、こうですから、Kindle PaperWhite(ニューモデル)はもっと滑らかなのかと期待してしまいますね。果たしてその実力は‥。
タイトルとURLをコピーしました