自主出版

KDPなどセルフ出版についてまとめています。

自主出版

Kindleにできない無料本も対応!楽天Koboライティングライフが始動、料率は299円以上なら70%!

楽天Koboライティングライフがついに始動です。すでに申し込みは可能になっていますので、興味のある方は急げ!専用電話窓口があるのは嬉しい。
自主出版

個人出版のスタンダードへまた一歩前進、一太郎玄がmobiに対応

一太郎がついにmobiに対応です。これでEPUB、kobo最適化、mobiと、電子書籍のプラットフォームを利用可能にしました。
自主出版

koboストア、Wikipediaの著者ページを389件追加

2ch系書籍まとめサイト「ぶく速」によりますと、koboストアでWikipediaの人名ページを一人一冊、全部で342冊としてカウントしているそうです。ブックベリー編集部でも389件のウィキペディア著の書籍を確認できました。
自主出版

Kobo Writing Life を使った電子出版の事例が登場

セルフ出版はプラットフォームが用意されたからと言っても簡単に出来るものではありません。しかし、「ジーンマッパー」という作品は、その壁を難なく乗り越え、さらにその販路を拡大し続けています。その詳細とは。
漫画・コミック

アクセス解析業界4コマ漫画「Web Analyst Sumire」

インターネット業界ではWebアナリストという仕事があります。Webサイトのアクセス状況などを分析し、サイトの改善などに役立てる人のことです。その様子を描いた4コマ漫画がKindle Direct Publishingで配信されています。
タイトルとURLをコピーしました